大久保利通から学ぶ、人生の生き方。社会人として、そして人間として。

 

タイトル
大久保利通から学ぶ、人生の生き方。社会人として、そして人間として。10分で読めるシリーズ

著者名
shogo.p.sato,MBビジネス研究班

発売日
2015/02/13

購入はこちらから

概要

10分で読めるシリーズとは、読書をしたいが忙しくて時間がない人のために、10分で読める範囲の文量で「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」を基本コンセプトに多くの個性あふれる作家様に執筆いただいたものです。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。

まえがき

幕末、明治維新の英雄としてまず名前が挙がるのは西郷隆盛か、もしくは坂本龍馬や木戸孝允(桂小五郎)か。
少なくとも、「ああ、幕末といえば、大久保利通だね!」という人はなかなかいない。
維新の三傑と呼ばれる英雄に数えられている割には、彼がどんな人物だったのかがあまり知られていない(というよりも西郷らのエピソードが有名すぎる)のだ。

彼があまり武力に長けた人物ではなく、西郷のように戦争によって英雄となったわけではないという点もその原因として挙げられる。

ただ、彼は今の日本の政治体制の礎を担った人物として非常に評価が高い。

また、最期は暗殺によってその人生を閉じたのだが、その最期の最期まで政治家としてまた志士としての威厳の高さを示し続けた大人物としても知られている。

西郷がそのカリスマ性と才能によって英雄になったのに対し、大久保は勿論その才能や経験もさることながら、勤勉さ、また自己犠牲の精神によって明治の英雄となった。
その分、私たち、いわば「普通の人々」が彼から学べることは非常に多い。

社会人として、そして人間として。
大久保利通の人生の歩み方は、素晴らしい模範を私たちに残している。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1870 Articles
株式会社まんがびと編集部