「そのままを受け入れる」カリブ式うつ病との向き合い方。なぜカリブでは自殺率が低いのか?

 

タイトル
「そのままを受け入れる」カリブ式うつ病との向き合い方。なぜカリブでは自殺率が低いのか?5分で読めるシリーズ

著者名
shogo.p.sato,MBビジネス研究班

発売日
2015/06/05

購入はこちらから

概要

5分で読めるミニ書籍です(文章量5,000文字程度=紙の書籍の10ページ程度)
「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。
まえがき
日本人は真面目すぎてうつ病患者が多い、という意見を聞いたことはあるだろうか。
確かに、他の国ではあまり見ることができないようなサービス残業、会社への忠誠心を求める姿勢などは社員へ大きなストレスを与えることがあり、それがうつ病を発症させるきっかけになることはよくある。
また人間関係、その他大きな理由によらなくとも、うつ病になる可能性は誰にでもある。
ただ他の国と比べて、日本の人口比率に見たうつ病患者の割合は非常に低い。
アフリカ、中東、また南米や中南米の方が、日本よりもずっとその割合は高いのだ。
日本がうつ病大国だと思っているのは、実は日本人だけなのだ。
しかし日本国内でうつ病患者が増え続けているのは事実。
2000年代後半からはうつ病患者の数が年間100万人を超え、今もその数は増え続けている。
ちなみに世界全体では3億5千万人以上がうつ病に苦しんでいるといわれている。
これは癌患者、エイズ患者、そして認知症患者という、世界中に蔓延している(大きな社会問題にもなっている)三つの病気の患者数を足しても到底追いつかない数だ。
著者が住む、カリブ海に浮かぶ島国にも当然うつ病患者は沢山いる。
しかし、本人、また家族の病気との向き合い方は、日本とはとても異なる。
日本において割合が高くなるのは、うつ病患者が自殺を考える割合だろう。
うつ病患者が人口比率で日本よりもずっと多いカリブ諸国だが、では自殺率はというと、世界ランキングでも絶えず下位にいるのだ。
この国のうつ病患者が自殺を考えることは、ほとんどない。
カリブにおけるうつ病との向き合い方が、この病気との戦い方の唯一の正解だということはできない。
うつ病はひとりひとり症状が大きく異なる病気として知られているし、だからこそその解決法は多岐にわたる。
そのうちの一つの選択肢として、この本を読んで頂けたらと思う。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1870 Articles
株式会社まんがびと編集部