嫁姑は犬猿の仲。関係を悪化させないで済む実践方法とは?

 

タイトル
嫁姑は犬猿の仲。関係を悪化させないで済む実践方法とは?10分で読めるシリーズ

著者名
ひまわり,MBビジネス研究班

発売日
2017/06/09

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】
いつの時代も嫁姑問題はなくならない。
もともと習慣が違う家庭で育っているので、他の家庭や地域の慣習に馴染むには時間がかかるものだ。
嫁と姑が険悪になると、夫とも子どもとも親戚とも不仲になってくる。嫁と姑の狭間に立つ夫もまたつらい。
そして、自分を可愛がってくれるおばあちゃんと大好きな母親と仲が悪いと、子どももどうしていいのかわからずに、身が切り裂かれる思いをしている。
たった嫁一人、姑一人の二人の関係であるが、そのたった二人の関係次第で、家族を含む多くの周りの人たちが疎遠になってしまう。
「家族」はいいものだ。しかし「家族」という単位を良いものにするのは非常に難しい。
「家族」だから甘えの気持ちもでる。「家族」だから許せないと思う。「家族」だからこれぐらいいいだろうって思う。
「家族」と言われると、尊重し、助け合い、分かち合い、安らぎ、認め合い、守っていく、多くの人がそんなイメージを持つ。
確かにそうである。しかし、現実的にそれを維持するのは困難だ。誰もが「家族」を大事にしていきたいと思う。
しかし、その「家族」を幸せにできるのは「嫁と姑の良い関係」に大きく関わってくる。

【目次】
【1】犬猿の中
【2】結婚前に確認を
【3】今は嫁、将来は姑
【4】あなたもいずれ
【5】夫の立ち位置
【6】子どもは別人格
【7】事前報告と情報公開

【著者紹介】
ひまわり(ヒマワリ)
1976年生まれ。福岡出身。大学にて食物栄養学を専攻。管理栄養士。
1998年国内航空会社にて客室乗務員として約3年間乗務。
3歳からクラシックバレエを習う。バレエ講師。子供向けバレエ舞台を主催。バレエを通し高齢者施設でボランティア活動をしている。
中学校高等学校家庭科教員免許・日本体育協会スポーツリーダー・リラクゼーションボディセラピスト・美脚骨盤矯正セラピスト・スポーツメンタルトレーナーなど、様々な資格を持つ。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1677 Articles
株式会社まんがびと編集部