10分でわかる貿易のプロをめざす人の国際航空輸送の実務。フォワーダー?キャリア?インテグレーター?

 

タイトル
10分でわかる貿易のプロをめざす人の国際航空輸送の実務。フォワーダー?キャリア?インテグレーター?10分で読めるシリーズ

著者名
姉崎慶三郎,MBビジネス研究班

発売日
2017/10/26

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量9,000文字以上 10,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の18ページ程度)

【書籍説明】
本書は、貿易実務のプロの方、また貿易部門と関係のある部署の方、あるいは将来貿易のプロをめざす方に捧げます。

貿易実務の範囲は限りなく広くて深いものです。企業は社内研修と現場経験を重んじますが、対象社員が世界のほぼ全域に広がるようになると、
社内研修の実施も容易ではありません。一方で社員の日常は超多忙で、現場経験で得られる知識は極めて断片的です。

かくいう筆者も実務から得た体験は脈絡がなく、いざ貿易のことを人に指導する立場になってみると、理論的にも体系的にも知識が足りないことに気づきました。

その後2年間の勉強の結果、合格率のとても低い「ジェトロ認定貿易アドバイザー」の資格を取得することができました。
今では現場体験と体系的な学習もどちらも同じくらい重要だと思っています。

今回は「航空運送」のお話しです。機械装置メーカーABC株式会社の会議室には、貿易実務を学びたい希望者たちが集まっています。
それでは「航空運送」についてできるだけ体系的に学ぶことに致しましょう。さあ、講師の登場です!

【目次】
1.「世界空運史」を4つの時代に区分せよ!
2.航空貨物取扱業者を乙仲と呼ぶのはピンとこない
3.フォワーダーって?キャリアって?インテグレーターって?クーリエって?
4.国際郵便の種類
5.そもそもなぜエアー?
6.貨物がダメージを受けたらすぐにも報告のこと
7.航空運送人の責任規定
8.B/LとAWBの違いは?
9.L/Cを使う場合のAWBはどうするか?
10.マスターAWBとハウスAMBって何?
11.容積重量の計算方法
12.ダメージを避け女性にも優しい梱包とは?

【著者紹介】
姉崎慶三郎(アネザキケイザブロウ)
群馬県出身。元商社勤務。海外駐在員経験2回。長年の海外ビジネス経験を生かして、当時合格率8.4%で、
日本全国で400名もいない超難関貿易資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」を一浪して取得。自身の40年に渡る実務経験と、
ふれあった多くの先輩や国内外の取引先企業の方たちから学んだことを貿易のプロをめざす人に伝えるため執筆を続けている。
ペンネームは英語教師だった祖父の名前。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1734 Articles
株式会社まんがびと編集部