モテる男の色気に女は全身で酔いしれる。美女が惹かれる野獣の色気を手に入れる。

 

タイトル
モテる男の色気に女は全身で酔いしれる。美女が惹かれる野獣の色気を手に入れる。10分で読めるシリーズ

著者名
ひまわり,MBビジネス研究班

発売日
2018/04/27

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】

色気のある男はモテる。色気のある男は漂うオーラが違う。

決して見た目のカッコよさだけではない、「何ものか」が色気のある男からは溢れ出ている。

男は色気のある男とそうでない男に分かれる。

しかし、生まれたての赤ちゃんの頃から色気のある男がいるわけではない。

皆スタートは同じ。しかし、何十年の歳月を経て、色気のある男は作られていくのだ。

女が男の色気にドキッとする瞬間がある。男の色気は見た目の姿ではない。

男の色気を女は視覚だけで見るのではなく、五感すべてで感じているのだ。

美しい顔で、整ったスタイル、お洒落にきめた洋服を着た男に色気を感じるのであれば、ディスプレイされたマネキン人形に色気を感じていいはずだ。

しかし、マネキンに色気を感じる女はいない。美女は野獣が好きだ。野獣にはマネキンにはない色気がある。マネキンにはない色気に惹かれて美女は恋に落ちる。

色気のない赤ちゃんから、色気のある男ができあがる。誰もが最初は持っていなかった「色気」。

それならば、誰もが今からでも「色気のある男」になれるのだ。

男の色気をどうやって手に入れていくのか、「女が色気を感じる瞬間」を紹介していこう。

【目次】
【1】毛穴の色気
【2】チョコマカ動く男
【3】電車内でドッキとさせる色気
【4】周りの風景に馴染む男
【5】声がでかい男
【6】誰にでも同じ態度
【7】何かに打ち込む姿
【8】言葉のセレクト
【9】言葉の上品さ
【10】静と動の間合い

【著者紹介】
ひまわり(ヒマワリ)
1976年生まれ。福岡出身。大学にて食物栄養学を専攻。管理栄養士。
1998年国内航空会社にて客室乗務員として約3年間乗務。
3歳からクラシックバレエを習う。バレエ講師。子供向けバレエ舞台を主催。
バレエを通し高齢者施設でボランティア活動をしている。
中学校高等学校家庭科教員免許・日本体育協会スポーツリーダー・リラクゼーションボディセラピスト・美脚骨盤矯正セラピストなど、様々な資格を持つ。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1710 Articles
株式会社まんがびと編集部