子どもが「習い事を辞めたい!」とダダをこねた時の対処法!

 

タイトル
子どもが「習い事を辞めたい!」とダダをこねた時の対処法!10分で読めるシリーズ

著者名
ひまわり,MBビジネス研究班

発売日
2018/05/17

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】

自分の子どもには色んな経験をさせて、心豊かに成長してほしいと願う親は多い。

自分が子どもの時にできず、子どもにはやらせたいものを習わせることもある。

子どもが興味を持ったことをさせたいと思う。子どもが何か打ち込めるものをさせたいと願う。

子どもに対して様々な思いで習い事をさせる。しかし、子どもはある日「習い事に行きたくない。辞めたい。」とダダをこねる。

さて、その時あなたは子どもにどのように対応する?

嫌がる子どもを無理矢理引きずり習い事に連れていく?

子どもを説得して行くように促す?

やりたくないなら「辞めなさい」と言う?

習い事を子どもにさせている親なら直面する「習い事に行きたくないとダダをこねる問題」

このことでストレスを溜める親もいる。どうすべきか悩む親もいる。

私は子ども達にバレエを約二十年教えている。習い事の指導者として、そして同じく子どもを育てる親として、「習い事を辞めたい問題」に頻繁に直面する。

私自身、3歳からバレエを始めて、現在までずっと続けてきたから見えるものもある。

子どもが「習い事を辞めたい」と言い出した時の対処法を記していきたい。子どもたちへの対応の参考になればと願う。

【目次】
【1】習い事をなぜさせるの?
【2】子どもがやりたいことが、やりたくないことになる。
【3】辞めたいと言い出したら、理由を10個聞いてみよう。
【4】辞めたいと言われたときに、あなたはなぜ悩む?
【5】子どもにどうしてほしい?どんな風に育ってほしい?
【6】習い事は出会いと同じ。
【7】習い事の神様

【著者紹介】
ひまわり(ヒマワリ)
1976年生まれ。福岡出身。大学にて食物栄養学を専攻。管理栄養士。
1998年国内航空会社にて客室乗務員として約3年間乗務。
3歳からクラシックバレエを習う。バレエ講師。子供向けバレエ舞台を主催。バレエを通し高齢者施設でボランティア活動をしている。
中学校高等学校家庭科教員免許・日本体育協会スポーツリーダー・リラクゼーションボディセラピスト・美脚骨盤矯正セラピストなど、様々な資格を持つ。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1677 Articles
株式会社まんがびと編集部