アダルトチルドレン 親からの呪いの言葉を跳ね返す魔法の言葉。

 

タイトル
アダルトチルドレン 親からの呪いの言葉を跳ね返す魔法の言葉。20分で読めるシリーズ

著者名
林真紀,MBビジネス研究班

発売日
2018/10/31

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

【書籍説明】

機能不全家族で育ち、人生になんらかの生きづらさを感じている人を、アダルトチルドレンという。

アダルトチルドレンの多くは、育ちの中で親に植えつけられた「呪いの言葉」に苦しめられ続ける。

なにかをしようとすると、いつも「呪いの言葉」が頭に響き、結局うまくいかないように自分で仕向けてしまったりする。

自分自身の幸せがなんなのか、自分の頭で考えることができないようになってしまっているのだ。

本書では、アダルトチルドレンが苦しむ「呪いの言葉」を紐解き、それに打ち勝つための「魔法の言葉」を提示する。

本書を読めば、まず自身に内面化された「呪いの言葉」の存在に気づくことができるであろう。

実は、「呪いの言葉」に気づくことが、アダルトチルドレン脱出への第一歩だ。

さらに、「呪いの言葉」に飲み込まれず、冷静になって「魔法の言葉」を唱えてみて欲しい。

ここで覚えておいて欲しいのは、本書で提示する「魔法の言葉」は、あなたを幸せにするためのおまじないではない。

これは、あなたに冷静な判断力を与え、次の行動を自分で決めるための決意表明のような言葉だ。

【この本に書かれていること】

親からの呪いの言葉に気づく方法

解放されるための魔法の言葉

「あなたを心配してる」は呪いの言葉

人間関係が長続きしないあなたへの処方箋

恋愛は苦手だと思っているあなたへの処方箋

モラハラ・パワハラに遭ってしまうあなたへの処方箋

自分で物事を決めるのが怖いあなたへの処方箋

見捨てられ不安とはなにか?

自分のせいと思ってしまう?

条件つきの愛情は立派な虐待と知る

親のようになったらどうしよう

人に感謝しても大丈夫と知る

頭の中に聞こえてくる親の声からの解放

もう誰のことも喜ばせなくていいと知る

親からの「呪いの言葉」にNO!をいう方法

親は自らの支配欲を「愛情」という名の美しいパッケージにくるんで渡してくる

「自分は親に愛されている」と思い込みながら、心に隠された怒りをため込んで生きていくのは、もうやめよう

自分がアダルトチルドレンだと認めることができたら、それは惠みである

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1778 Articles
株式会社まんがびと編集部