伊集院 誠…スローライフはこの書斎から

 

タイトル
伊集院 誠…スローライフはこの書斎からシリーズなし

著者名
清水一穂,MBビジネス研究班

発売日
2018/11/14

購入はこちらから

概要

【書籍説明】

定年退職を間近に控えている中学教師、伊集院 誠。
彼は最近、長期の勤務を解かれる安堵感と、次に訪れる人生への不安を考えると憂鬱でなりません。
そんな時、ふと思い出したのが、子供の頃に夢見ていた、我が書斎を造ること。
そんな時、不思議な女性と出会います。
彼女は建築家であるが、伊集院のその書斎を実現する手伝いができるのでしょうか。
それは思いがけない所に彼の書斎を作っていくのです。

不可思議な女性「メイ」と出会い、伊集院は、今後の第二の人生を大きく変えていくことになります。
日頃、自分にも、世の中にも不満だらけの彼が、どのように変貌していくのか…。
そこに登場する世界のコーヒーとインド哲学を交えて、伊集院とメイのコミカルなタッチで、この物語は完結へと導きかれていきます。

各話には、それぞれ「スローライフとは何か」を読者自身が考えるヒントが網羅されています。
それと同時に、人生の意味とは、また心を癒してくれるコーヒーの数々と会話が綴ってあります。
これから第二の人生を歩む人たちの励みになる物語に仕立て上げています。

穏やかで平穏な暮らしやシンプルライフ&スローライフを夢見る皆さんへの厚いメッセージです。

【目次】
第1話  伊集院の憂鬱
第2話  伊集院の子供の頃からの夢
伊集院の夢を聞いたメイが、おこなったこととは
最初の伊集院の書斎はここであった
第3話  アンティークな店、そこで目にしたものは
また溜め息をつく伊集院に言った、メイの心
第4話  メイの夢
メイの思うスローライフの原点がここに
第5話(最終話)  伊集院の目覚め
伊集院の呟きとメイの言葉
さよなら、メイ

【著者紹介】
清水一穂(シミズカズホ)
「そろそろ本物の珈琲と出合いませんか」のコーヒー専門書『入門編』『中級編』『上級編』の3部作の執筆を既に終了。
そして「メイとコーヒーとニャンコたち」の大作の小説も書き終えて発売を待つばかりである。
今回は新たにメイと伊集院シリーズの第2弾の小説である。
全ての作品には、著者の心、「人とコーヒーと音楽」に強い愛情を注いでいる。
今後も「メイのシリーズ」は更にアップさせていきたいと、その情熱に溢れている。
元、学習塾講師・中学校勤務経験、建築士事務所経営で、教育と建築文化にも精通している。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1812 Articles
株式会社まんがびと編集部