ITエンジニアとして生き残るための指南書。 自分を守りアップデートするための18のテクニック。

 

タイトル
ITエンジニアとして生き残るための指南書。 自分を守りアップデートするための18のテクニック。30分で読めるシリーズ

著者名
平田豊,MBビジネス研究班

発売日
2018/11/22

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)

【書籍説明】

ITエンジニアはかっこいい、という憧れを持ってIT業界に入ったものの、なんだかイメージがずいぶん違うなぁと感じていませんか?
本書ではイメージと現実のギャップを解明することで、日頃のモヤモヤを吹き飛ばします。

筆者はITエンジニアとしてIT業界で、20年という長い年月をかけて仕事をしてきましたが、モヤモヤが長らく晴れず、このままITエンジニアを続けるかどうか悩んでいました。
こうした悩みを打ち明けることもできず、一人で考えても解は出てきませんでした。

20年間、筆者が試行錯誤して身につけたノウハウや気づきを本書に書き下ろしました。

ITエンジニアとしての日頃の業務に辟易し、新人の頃にあったはずの憧れもどこかへ消え、ただ生活をしていくために毎日頑張っている人がほとんどでしょう。
それはそれで立派なことですが、ITエンジニアとして長く続けられない人もいます。
どんなに酷い状況でも楽しんで仕事ができるなれば、忘れたはずの気持ちが復活し、人生が楽しくなります。

本書で紹介する18のテクニックを明日からでも実践していきましょう。

【目次】
ITエンジニアってどんな仕事なの?
ITエンジニアの勤務体系ってどんな感じ?
業務遂行に必要なQCDってなに?
IT業界の人手不足とチームの体制
論理的思考が通じない時にどうすればよい?
社内交流、工数削減、バグ曲線
なぜなぜ分析、PDCA
学ぶ楽しさを忘れないこと
会社を辞めても、人生は続く。
ITエンジニア幸せチェックリスト

【著者紹介】
平田豊(ヒラタユタカ)
1976年兵庫県生まれ。石川県金沢在住。執筆活動歴は20年で、PC書籍14冊を上梓。
2004年にTera Termをオープンソース化。宿題メール(情報処理技術者試験メルマガ)の勉強会メンバー。
2017年末に始動したインフラ勉強会(オンライン交流会)の発起人メンバー。組込みエンジニアフォーラム(E2F)の交流会運営メンバー。
2018年3月にIT企業(20年勤務)を退職し、地元金沢にてフリーで活動中。
著者ホームページ:
http://hp.vector.co.jp/authors/VA013320/

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1812 Articles
株式会社まんがびと編集部