なぜぼくだけが生きづらい?この闇から脱出する5つの鍵。

 

タイトル
なぜぼくだけが生きづらい?この闇から脱出する5つの鍵。10分で読めるシリーズ

著者名
ひまわり,MBビジネス研究班

発売日
2018/12/10

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】

子どもの時は「大人っていいな。早く大人になりたい。大人になれば自由になれる。」そう感じていた。

学校や友人関係に縛られずにいる大人が羨ましくもあった。

大人の飲むコーヒーやビールに憧れを抱き、自由に買い物をしてみたい。

「早く大人になりたい。」

そんな思いが日々の生活の中で嫌なことがあるたびに渦巻く。

しかし、実際に社会に出てみるとどうであろう。

自由の扉だと思っていたのに、いざ開いてみるとそこにはもっともっと大きな扉が待ち構えている。

しかも、その扉を一つ二つ開けば済むものでもない。

いったいいくつ開かずの扉があるのか。

子どもの時の「宿題を熟すのが嫌だ」「友だちと上手くいかない」「陰口を叩かれる」「先生が他の子ばかりひいきをする」「親に怒られる」
そんな時に抱いた心のモヤモヤが大人になれば消えてしまうと思っていた。

しかし、状況は違っていても、同じように心のモヤモヤが現れる。

いったいいつまでこのようにモヤモヤすることが続くのか。

絶望感さえある。

生きづらい社会。

生きることがこんなにつらいのは、自分は社会不適合者だとも感じる人もいる。

そんな想いを抱くあなたへ。

闇を明ける鍵を一緒に探す一助になればと願う。

【目次】
【1】生きやすくなるために
【2】何を基準に生きづらいと感じている?
【3】いい人をやめよう。
【4】あなたは何が好き?何が嫌い?
【5】ワガママ万歳
【6】強くなるために

【著者紹介】
ひまわり(ヒマワリ)
1976年生まれ。福岡出身。大学にて食物栄養学を専攻。管理栄養士。
1998年国内航空会社にて客室乗務員として約3年間乗務。
3歳からクラシックバレエを習う。バレエ講師。子供向けバレエ舞台を主催。バレエを通し高齢者施設でボランティア活動をしている。
中学校高等学校家庭科教員免許・日本体育協会スポーツリーダー・リラクゼーションボディセラピスト・美脚骨盤矯正セラピストなど、様々な資格を持つ。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1831 Articles
株式会社まんがびと編集部