カフェ『夢倶楽部』 マスターのつぶやき

 

タイトル
カフェ『夢倶楽部』 マスターのつぶやきシリーズなし

著者名
清水一穂,MBビジネス研究班

発売日
2018/12/22

購入はこちらから

概要

【書籍説明】

伊集院 誠。
彼は公立のある中学校の国語教師であった。
この春に、めでたく定年退職を迎え、今新たに第二の人生として喫茶店を開いている。
メイという不思議な女性と心の中で出会ったのが、この店を開くきっかけとなった。
彼女の存在は、伊集院そのものである。
彼はれっきとした男性ではあるが、その反面の女性としての心をも存在していたのである。
彼自身、それはまったく気づかないことであった訳だが、退職前に彼の前に、そのメイは姿を現したのである。
そして子供のときから憧れていた『書斎造り』に、彼女はいろいろと伊集院を助けたのであった。
これは、小説「伊集院 誠‥スローハイフはこの書斎から」に詳しく記述しているのでその物語を読めば、この続編が更に深く理解できよう。 

今回も私、伊集院 誠のハイアーセルフとしてこの物語を進行していくのだが、果たして彼の喫茶店は繁盛していくのだろうか‥。
そしてまたまた彼の前に現れるメイは、伊集院を助けることができるのであろうか…。

コーヒーと音楽、そしてこの店に通ってくる人たちの人間模様が繰り広げられる。
それではここから物語の始まりである。

【著者紹介】
清水一穂(シミズカズホ)
コーヒー専門書
「そろそろ本物のコーヒーと出会いませんか」の著者でもあり、既に『入門編』『中級編』『上級編』の3部作を出版。
そしてその専門書の執筆後に、小説に精力的に挑んでいる。
やはり小説の中においても、そのストーリーにはコーヒーの専門家らしく、コーヒー文化にまつわるエピソードも網羅している。
「メイ」という女性を主人公にした小説
「メイとコーヒーとニャンコたち」
「伊集院 誠…スローライフはの書斎から」
も既に発刊。この2作の小説の中でも、コーヒーを通して登場する人物が元気になっていく様相を、読者に訴えている。
そして本書は更にコミカルにやさしく人間愛を説いている。
期待の一冊である。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1831 Articles
株式会社まんがびと編集部