学習障害(LD)で算数・数学ができない子が大人になったらもっとたいへんでした。

 

タイトル
学習障害(LD)で算数・数学ができない子が大人になったらもっとたいへんでした。20分で読めるシリーズ

著者名
小本儀奈弥子,MBビジネス研究班

発売日
2018/11/16

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量14,000文字以上 15,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の28ページ程度)

【書籍説明】

算数・数学が極端に苦手でした。

他人より「できない子」かもしれないと自分で気付き始めたのは小4くらいから。

それから希望の進学や仕事をあきらめなければならず、社会人になっても数字の扱いが苦手だということで日常生活や仕事におおいに支障がありました。

私はLD(学習障害)と一緒にADHD(注意欠如・多動性障害)の診断も受けていますが、自分は理系でもなければ文系でもない。

かといって他に得意な分野があるわけでもなく、絵も音楽もスポーツも何もかもまんべんなくできない子で、その中でもズバ抜けてできないのが算数・数学でした。

大人になった今でも数を数えるのすら苦痛ですし、電卓を使って計算しても間違えます。

これまでそんなにできなくていったい、どうやって生きてきたのか、日常生活や仕事はどうしていたのか、知りたくありませんか?

私のたった短い40年程度の当事者の経験ですが、悩んでいる人が少しでもラクに生きられるキッカケになれれば幸いです。

【目次】
公文式とそろばんは習っておいたほうがいい
いつも一人だけ担任から呼び出し
勉強ができない子専門の塾通いでまさかの中学受験
高校受験しなくてもよかったけれど
数学ができなくて隔離クラスへ
高校で、まさかの「音楽」でつまずく
就活どうする!?SPIの問題集を見て愕然
ケタの多い数字がわからなくて自動車会社をクビに
食塩水の濃度計算ができなくてアウトな職業
医師からADHDと学習障害(LD)の診断を受ける
Excelの操作はできても関数がわからない
野球のルールがわからない
推理ドラマや小説がよくわからない
つり銭恐怖症!指定の小銭が欲しいお客に怯える日々
割り勘が苦手で女子会嫌い
趣味のうどん打ちの計量でつまずく
内助の功で奥さんは経理ができて当たり前!?
数字に関する問題は捨てて資格取得
計算が苦手でも貯金や投資はできる
まとめ

【著者紹介】
小本儀 奈弥子(コモトギナヤコ)
学習障害(算数・推論)のアラフォー主婦。ADHDの診断も受けています。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 2002 Articles
株式会社まんがびと編集部