土方歳三事件簿8 女は怖い。

 

タイトル
土方歳三事件簿8 女は怖い。30分で読めるシリーズ

著者名
潮美瑶,MBビジネス研究班

発売日
2019/04/05

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)

【書籍説明】

新選組副長土方歳三と一番隊組長沖田総司は、市中巡察中に首吊り自殺をしようとした若旦那を助けた。

夫婦約束した女に裏切られて、絶望したと言う。

新選組一番の短気者、十番隊組長原田左之助は、惚れた女と祝言すると大騒ぎ。

平隊士の村越主税は女に貢いで、給与の前借りがかさむばかり。

歳三が話をよく聞くと、どうも三人の相手の女は同じらしい。

歳三は、男を誑(たぶら)かす美女軍団の存在に気づいた。

だが、新選組は女に関わっている暇はない。

「攘夷の御用金調達」という名目で、「世直し党」と称する盗賊が次々に京の大店を襲った。

盗賊に押し込まれた店の主人や奉公人は、全員斬り殺された。

しかも、押し込まれた店の主人や番頭は女に騙されて金を巻き上げられたことがある。

盗賊世直し党と美女軍団はつながっているらしい。

歳三は世直し党と美女軍団の殲滅に乗り出した。

【目次】
首吊り
恋する男
給金前借り
消えた娘
恋の鞘当て
大騙り
世直し盗賊
蛇の道は蛇
祇園桝梅
恋は曲者
おぼこ娘
世直し党襲撃
左之助祝言

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 1995 Articles
株式会社まんがびと編集部