普通の会話ができない人の教科書。

 

タイトル
普通の会話ができない人の教科書。20分で読めるシリーズ

著者名
もか,MBビジネス研究班

発売日
2019/10/18

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

【書籍説明】

プレゼンテーションなど一方通行での話、仕事上の連絡ならスムーズにできるのに、プライベートな会話、ゴールが見えない会話がうまくいかない人はいませんか。

もともとコミュニケーション力に自信がないならまだしも、なまじっか仕事上のやりとりに限ってはうまくいってしまうので、「なんで同じようにできないんだろう」と思ってしまいますね。

むしろ、自己管理が上手で、自分の意見を伝えるときは相手に伝わりやすいように気遣いができる人こそはまりやすい落とし穴です。

プライベートでの日常会話は「情報収集」ではなく「言葉のやりとりそのものを楽しむ」行動です。

私も含め、多くの人が忘れてしまいがちです。

この本に、私が試行錯誤したり、自分と同じように会話が下手だった人、逆に上手な人と関わってわかったことをつめこみました。

失敗例だけでなく、なぜそうした会話の流れになってしまうのか、日常会話の苦手な人の思考回路まで遡って解説していきます。

巻末には「教科書」らしく確認テストをつけました。

確認テストを見て、どうしてそれがだめなのかピンとこない項目をじっくり読んでください。

【著者紹介】
もか(モカ)
教科書を書いてみました。今までとは文章スタイルを要所要所で変えています。これから読書の秋なので、執筆頑張ります。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 2011 Articles
株式会社まんがびと編集部