日台貿易史(その5) フランソワ・カロンの駐在員報告書と傲慢強欲の果て。

 

タイトル
日台貿易史(その5) フランソワ・カロンの駐在員報告書と傲慢強欲の果て。10分で読めるシリーズ

著者名
姉崎慶三郎,MBビジネス研究班

発売日
2020/04/10

紙書籍の購入はこちらから(Amazon POD・準備中)

電子書籍の購入はこちらから(Amazon Kindle・準備中)

電子書籍の購入はこちらから(楽天市場・予約受付中)

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量12,000文字以上 13,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の24ページ程度)

【書籍説明】
フランソワ・カロンは、第八代オランダ商館長であった。彼の著作日本大王国志』は、三百八十年前に書かれた駐在員報告書である。
当時のオランダ人の報告書からわれわれが参考にできるものは何か。またカロン駐在員が日本人に対してとったスタンスはどのようなものであったか。そして、歴代のオランダ商館長のスタンスは?
カロンはその後台湾商館長にもなった人である。台湾でのスタンスは、日本でのスタンスと同じものだったのか。また、歴代の台湾長官のスタンスはどのようなものであったか。
カロンは提督に次ぐ職位の商務総監にまで上りつめ栄華を極める。しかし五十一歳で名誉ある解職となってしまったのはなぜか。その後、敵国フランス東インド会社の首席理事になる。
カロンに何があったのか。カロンの数奇な一生を追う。

【目次】
第一章 駐在員にとって重要な本社へのレポート力
第二章 歴代長官のスタンスと成功した人としない人の違い
第三章 歴代台湾商館長のスタンス
第四章 無愛想のカロン台湾長官
第五章 名誉ある解職とフランス東インド会社時代

【著者紹介】
姉崎慶三郎(アネザキケイザブロウ)
千葉市在住。元商社勤務。海外駐在員歴2回。長年の海外ビジネス経験を生かして、当時合格率8・4%で、日本全国で四百名もいない超難関貿易資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」を取得。
自身の四十年に渡る貿易実務経験と、ふれあった多くの先輩や国内外の取引先企業の方たちから学んだことを貿易のプロをめざす人に伝えるため執筆を続けている。ペンネームは英語教師だった祖父の名前。

紙書籍の購入はこちらから(Amazon POD・準備中)

電子書籍の購入はこちらから(Amazon Kindle・準備中)

電子書籍の購入はこちらから(楽天市場・予約受付中)