日台貿易史(その2)タイオワン事件による日蘭貿易断絶顛末記。

 

タイトル
日台貿易史(その2)タイオワン事件による日蘭貿易断絶顛末記。10分で読めるシリーズ

著者名
姉崎慶三郎,MBビジネス研究班

発売日
2020/01/03

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量13,000文字以上 14,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の26ページ程度)

【書籍説明】

オランダによる日台貿易は最初から順調ではなかった。 

オランダが台湾にはいったころ、そこでは日本人や中国人が出会貿易を行っていた。オランダは彼らに対して一〇パーセントの輸出課税を課すことから事件が始まる。

タイオワン事件とよばれるこの事件は、日本の将軍、台湾の商館長、バタヴィアの総督、台湾人住民を巻き込み、貿易の利益をめぐる幕府の黒い闇が見え隠れし、長崎代官の不審な死、そして日蘭貿易断絶をまねく大事件にまで発展する。

【目次】
第一章 オランダのヘゲモニー
第二章 ヤン・ピーテルスゾーン・クーン
第三章 タイオワン事件前夜 
第四章 タイオワン事件勃発 
第五章 タイオワン事件その後  

【著者紹介】
姉崎慶三郎(アネザキケイザブロウ)
千葉市在住。元商社勤務。海外駐在員経2回。長年の海外ビジネス経験を生かして、当時合格率8・4%で、日本全国で四百名もいない超難関貿易資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」を一浪して取得。自身の四十年に渡る実務経験と、ふれあった多くの先輩や国内外の取引先企業の方たちから学んだことを貿易のプロをめざす人に伝えるため執筆を続けている。ペンネームは英語教師だった祖父の名前。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 2040 Articles
株式会社まんがびと編集部