日台貿易史(その4) スペイン人台湾北部占領の謎。

 

タイトル
日台貿易史(その4) スペイン人台湾北部占領の謎。10分で読めるシリーズ

著者名
姉崎慶三郎,MBビジネス研究班

発売日
2020/03/20

紙書籍の購入はこちらから(Amazon POD)

電子書籍の購入はこちらから(Amazon Kindle)

電子書籍の購入はこちらから(楽天市場)

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量11,000文字以上 12,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の22ページ程度)

【書籍説明】

日本の鎖国前、台湾は多加佐古(たかさご)とよばれ、淡水にフィリピンのスペイン人、台南にオランダ人が住んでいた。
スペイン人は、フィリピンを占有してアメリカ大陸の銀と中国の生糸を交換して、莫大な利益を生む仕組みを構築していた。
このビジネスモデルを修正して、マカオを拠点にして、日本の銀と中国の生糸を交換して利益を得ていたのはポルトガルである。
オランダはポルトガルの絹貿易を模倣して台湾に進出した。
オランダが台南を占領したことを知ったスペイン人は、台湾北部の基隆と淡水を占領する。しかしスペインはすでに日本へ来航を禁止され放逐されていた。
スペイン人は、なぜこの地を十七年間占領していたのか。

【著者紹介】

姉崎慶三郎(アネザキケイザブロウ)
千葉市在住。元商社勤務。海外駐在員歴2回。長年の海外ビジネス経験を生かして、当時合格率8・4%で、日本全国で四百名もいない超難関貿易資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」を取得。
自身の四十年に渡る貿易実務経験と、ふれあった多くの先輩や国内外の取引先企業の方たちから学んだことを貿易のプロをめざす人に伝えるため執筆を続けている。ペンネームは英語教師だった祖父の名前。

紙書籍の購入はこちらから(Amazon POD)

電子書籍の購入はこちらから(Amazon Kindle)

電子書籍の購入はこちらから(楽天市場)