孤独充。孤独の生活こそ充実感を見つけられる最適の環境、人生の革命10パターン!

 

タイトル
孤独充。孤独の生活こそ充実感を見つけられる最適の環境、人生の革命10パターン!20分で読めるシリーズ

著者名
佐賀裕司,MBビジネス研究班

発売日
2019/08/23

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量20,000文字以上 24,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の40ページ程度)

【書籍説明】

「リア充」、「孤独」という言葉が現代でも聞かれますが、この2つの言葉を具体的に説明できる人はどれくらいいるのでしょうか?

そもそも「リア充」という言葉も「孤独」という言葉も、人が作り出した造語に過ぎません。
つまり、その言葉の意味は誰かが作り出した意味合いになり、その人が作り上げた世界の中で(悩む人は)悩んでいるに過ぎません。

しかしそれでも現代では、この「リア充」「孤独」という2つの(得体の知れない)言葉が持つ意味合いに翻弄され気味です。

自分を全否定してみたり、自分の生活のあり方を他人と比べてひどく劣っていると思い込んだり、またその〝孤独〟がもたらす虚しさにより自殺さえしてしまう人もいます。

ですが、「孤独」というのは、もともと存在しないものです。
それに加えて「リア充」という言葉の意味も存在しません。
それこそ架空のお話に過ぎない、妄想の言葉・意味・影響力に過ぎないのです。

今回はその辺りの事情を詳細に紐解いてみて、とくに今「孤独にある…」と思い込んでいるあなたにとって、人生を豊かにできる最適な方法をご紹介します。

ぜひ、ご参考にしてみて下さい。

【著者紹介】
佐賀裕司(サガユウジ)
フリーライター・詩人・小説家・思想家・作家。
最終学歴:同志社大学 文学部 国文学科卒業、慶應義塾大学文学部在学中(2018年現在)

先年、文学仲間とともに同人誌を公表し、その後は個人で「自然主義幻想文学」(「天川文学」)を創設。
また同社より『天川文庫全集』を本格的に個人出版する。同全集に収録された作品の一部がブログ「早熟の杜 天川文庫~夢時代~」にて紹介されている。

個人出版した作品に『夕暮れの背中』、『有美(ありみ)』、『リフレイン』などがあり、電子書籍サイトにおいては天川裕司名義で掲載販売。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 2021 Articles
株式会社まんがびと編集部