そろそろ本物の珈琲と出会いませんか~究極の珈琲道、入門編~

 

タイトル
そろそろ本物の珈琲と出会いませんか~究極の珈琲道、入門編~30分で読めるシリーズ

著者名
清水一穂,MBビジネス研究班

発売日
2018/07/31

購入はこちらから

概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)

【書籍説明】
以下の4タイプの人のための書き下ろし作品です。

□ こよなくコーヒーを愛飲する人に向けて。
□ コーヒーに強いこだわりがあり、風味を追求している人向けに 。
□ 忙しいので、ただ何となく缶コーヒーをグビっと飲んでいる人向けに。
□ 日常の習慣として、ただコーヒーを飲んでいる人に。

本書のメリットは以下の4つです。

□ コーヒーの深い味わいを知る。
□ 世界観が広がり、豊かな心を育てる。
□ 夢見ていたスローライフをその日から実践できる。
□ 更なるコーヒーの世界を覗く玄関口にたどり着ける。

本書を読んで以下の7つの理解ができます。

□ 自分だけのコーヒー哲学をつくることができる。
□ お気に入りのコーヒー豆と出会えるチャンスがある。
□ 地球という壮大なロマンに浸れる。
□ その歴史にふれて、いつもと一味違うコーヒーライフに誘う。
□ いよいよ、自分で焙煎に挑戦!
□ 夢のオリジナルブレンドコーヒーをつくる。
□ スローライフが現実のものとなり喧騒から離れられる。

【目次】
第01章 人類の宝、それはコーヒーの発見だった。
第02章 世界のコーヒーに遅れをとっていた日本の事情とは
第03章 コーヒーはどこで収穫されているの?
第04章 地域別コーヒー豆の特長を教えて
第05章 コーヒー銘柄(名前)の由来と面白ネームってなに?
第06章 コーヒーの味ってそれぞれ違うの?
第07章 世界のコーヒー豆たちの味の概要を教えて
第08章 独自の発想、それがブレンドだ!
第09章 コーヒー焙煎に挑戦してみよう!
第10章 コーヒーの達人はこうして上手に買う
第11章 コーヒーの美味しい抽出方法を教えて
第12章 コーヒーと健康学、ちょっと教えて
第13章 世界の知られざるコーヒーの小さな物語
第14章 おもしろ雑学をコーヒーブレイクのお伴にどうぞ
第15章 まとめ

【著者紹介】
清水一穂(シミズカズホ)
中学生の時に初めてブルーマウンテンのコーヒー生豆と出会う。以来コーヒー文化とは何かを問い続け、総合的なコーヒー学問を習得。元、静岡県内において生涯学習塾で「コーヒー・ザ・焙煎」教室講師。文化協会会員としてizu・coffee主宰者を歴任。
現在は、福島県会津地方で「スローライフ」の追求をしている。

 

購入はこちらから

編集部
About 編集部 2002 Articles
株式会社まんがびと編集部